人と人で繋ぐ日本企業と技能実習生の架け橋

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度は、日本で学ぶことで技術を身につけ、実習生の豊かな生活および母国発展に貢献してもらうことを目的とし、1993年に創設されました。当初は研修生として入国し、ある程度の技能を習得してから企業への就労を行なっていましたが、2010年の制度改正にて現在の制度に近い形へと改正され、技能実習生として入国する形へ改正されました。2017年には、制度の拡充と実習生の保護に関して改正が行われました。これまでの制度改正等を経て、年々、実習生の受け入れも増加しています。

外国人技能実習制度は、『我が国で培われた技能、技術又は知識の開発途上地域等への移転を図り、当該開発途上地域等の経済発展を担う『人づくり』に寄与することを目的』としています。

日本の技術・知識を人を通じて伝達することで、開発途上国等の経済発展を目指すことを目的としています。制度を通じて日本企業で就労することにより、実習生の技能の発展に寄与し、母国発展に貢献に繋げていきます。

実習生受け入れのメリット

外国人技能実習生を受け入れることで、企業様にも新しい出会いがあります。

 

若くて元気な人材の確保でき、職場の活気に繋がります

技能を習得した人材が増えることにより、事業の活性化します

他国人材と交流できることで、国際交流、海外進出の足がかりとなります

受け入れできる人数(1社当たり)/ 年

実習実施者の常勤職員数 技能実習生の人数
301以上 常勤職員総数の20分の1
201~300人 15人
101~200人 10人
51~100人 6人
41~50人 5人
31~40人 4人
30人以下 3人

※常勤従業員数2人以下の場合、常勤職員数を越える人数を受け入れることはできません。

※「技能実習1号」から「技能実習2号」に移行した時点で受け入れ枠が空く為、新たに実習生を受け入れることができます。

受け入れ可能業種

技能実習2号移行可能業種

繊維・衣服関係 紡績運転、織布運転、染色、ニット製品製造、たて編ニット生地製造、婦人子供服製造、紳士服製造、下着類製造、寝具製作、カーペット製造、帆布製品製造、布はく縫製 、座席シート縫製
機械・金属関係 鋳造、鍛造、ダイカスト、機械加工、金属プレス加工、鉄工、工場板金、めっき、アルミニウム陽極酸化処理、仕上げ、機械検査、機械保全、電子機器組立て、電気機器組立て、プリント配線板製造
建設関係 さく井、建設板金、冷凍空気調和機器施工、建具製作、建設大工、型枠施工、鉄筋施工、とび、石材施工、タイル張理、かわらぶき、左官、配管、熱弾縁施工、内装仕上げ施工、サッシ施工、防水施工、コンクリート圧送施工、ウェルポイント施工、表装、建設機械施工
食品製造関係 缶詰巻締、食鳥処理加工業、加熱製水産加工食品製造業、非加熱製水産加工食品製造業、水産練り製品製造、牛豚食肉処理加工業、ハム・ソーセージ・ベーコン製造、パン製造、そう菜製造業
農業関係 耕種農業、畜産農業
漁業関係 漁船漁業、養殖業
その他 家具製作、印刷、製本、プラスチック成形、強化プラスチック成形、塗装、溶接、工場包装、紙器・ダンボール箱製造、陶磁器工業製品製造、自動車整備、ビルクリーニング