人と人で繋ぐ技能実習生と日本架け橋

充実のサポート

企業様・実習生を双方から丁寧にサポートし、初めての企業様も安心です。

丁寧な日本語教育

実習生の日本語教育にも力を入れ、スムーズな受け入れを実現します。

受け入れ企業との信頼関係を構築

企業様とのコミュニケーションを図り、企業様と実習生が働きやすい環境作りを促進します。

日本企業と実習生技能の発展に寄与

日本企業と実習生の技能向上に貢献できるよう、誠心誠意サポート致します。

産業技術国際交流協同組合の取り組み

外国人技能実習制度は、日本で学ぶことで技術を身につけ、実習生の豊かな生活および母国発展に貢献してもらうことを目的とし、1993年から始まった制度です。日本でも制度改正等を経て、年々、実習生の受け入れが増加しています。

産業技術国際交流協同組合では、増加する外国人技能実習生にしっかりとした就労企業への受け入れを提供し、将来の発展に生きる経験となることを目指してサポートを行っています。

また、受け入れ企業様とは密なコミュニケーションで信頼関係を構築しながら、事業の発展に寄与するよう取り組んでいます。

外国人技能実習生の受け入れをご検討される企業様・実習生双方をサポート致します。

お気軽にご相談ください。